へんてこえ日記〜酒と旅と自然とその他もろもろ ブログ

巨大松ぼっくりの正体の謎

20141110
クリスマスの飾りつけとして
巨大な松ぼっくりが売られていた。

普通の松ぼっくりの20個分くらい、
というか長さが30センチくらいの巨大なもの。

松ぼっくりは燃えやすくて
キャンプの際の着火剤に使用できる、
ということを知ってから
最近、松ぼっくりを見つけると、
燃料にできると思って拾い集めておきたくなるのであるが。

このでっかい松ぼっくりなら、
さぞや良く燃えるだろうあ、と思って見てみたら、
値段が「1200円」と書かれていた。
とてもじゃないが燃料にするには高価すぎる。

ところでこの巨大な松ぼっくり
「ジャイアントコーン」と書かれていたのだけれども、
それがこれの正体だとすると、
これは松のぼっくり(?)ではなくて、
トウモロコシなのであろうか?。

あの、おつまみとしてよくナッツ類と一緒に出てくる
「ジャイアントコーン」は、
まさにでかい粒のトウモロコシらしいのだけど、
この巨大松ぼっくりの原型は、コーンなのであろうか?

でっかいトウモロコシをそのまま放っておくと、
だんだん開いて、松ぼっくり型になるのかどうか?

調べてみたのだけれども、真相が全くわからなくて
ネット上でもそれとこれが同一だ、とは
どこでも言い切っていない。

うーん、気になる。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
*
* (公開されません)

Return Top