へんてこえ日記〜酒と旅と自然とその他もろもろ ブログ

城ヶ島の小魚ばっかり釣り

日曜日は城ヶ島に釣りに行きました。

前日は9時くらいに早めに寝て、
午前1時過ぎに家を出る。

この時間って、どちらかというと
起きる時間ではなくて寝る時間だ。
なのでまだ街中の人は動いているかんじ。

3時頃に城ヶ島に到着した。
意外とそこそこ人がいる。

そこで、リールを持ってくるのを忘れていたことに気が付いた!
うーむ。ここまで来て釣りしないで帰るのか・・。

一応、来る途中の道で一軒だけ開いていた釣り具に
売ってるかどうか見に行ってみることにする。

幸い、停めていたパーキングは「ワンデーパス」式で
一日車の出し入れが自由だったので、車で15分ほど走らせて来た道を戻る。

小さな釣り具屋だったので、あるかどうか不安だったし、
あったとしても高いのしか置いていないかな・・・
と思ったのだけれども、思いのほか、安いリールがいくつも売っていた。
ちゃちい作りの遊び的なリールだったけど、
とりあえずの間に合わせ用としては良いだろう。
どーせそんなに大層なものは釣れないだろうし。
ということで、一番安い1500円のと1800円のを購入して
釣り場に戻る。
この場所は、足場も良い割には磯釣り気分が味わえるし広いので
人気のようで人がけっこうたくさんいた。
釣り開始は4時過ぎになってしまったので
すっかり空も明るくなっていた。
もっと奥のホテル近くの場所もいいかんじかも。

他の人もあまり釣れている様子はなかったのだけど。

横で釣っていた若い5人組くらいの中の女子が、
いきなりタコを釣り上げていた。

みなイカ狙いでエギを投げていた様子なのだけど
タコがかかったようだ。
いいなー。タコ。
私には小サバが釣れました。

でも小さすぎて、かかっているのかどうかよくわからない。
リールを巻いてみたら釣れていた。というかんじで、
いまいち釣り気分は味わえていない。

でもこの小サバが何匹か釣れた。

小さいので全部リリースしちゃったけど、
手に持つを油っぽかったので
脂が乗っておいしかったのかもしれない。
もう一種類かかっていたのは、こんな魚。

ゴンズイだったら毒があるので嫌だなー、
と糸を切ってリリースしてしまったのだけど、
後で調べたら「ギンポ」だったようだ。

ギンポは天ぷらにすると非常に絶品らしい。
まあ、一匹だけだったから別にいいか。

この他に、相方が巻き上げた糸に
超小さいカサゴの赤ちゃんらしきものがついていて、
引き上げる直前に外れていった。

7時くらいまで釣りして、糸が切れたところで終了。
釣れたのは結局、リリースサイズの小魚ばっかりだった。
うーむ。

撤収したら、そのまま三崎の朝市へ行って買い物。
釣れなくてもここで買い物をするという目的があったので良かった。
市場の前にこんな楽しいものがあった。
生のお魚図鑑。
今回釣れた全ての小魚が並んでいた。
今日釣れるのはこんなもんだ、ということか?
お腹が空いたので朝ごはんを食べようと思ったけど
朝市の屋台は全て売り切れになってしまっていたので、
市場前の食堂で食事をしようとしたら満員だったので諦めた。

市場を上から見学。
いつも終了した後ばかり見ていたので
買い付け中に見たのは初めてみたかも。

大きなこんな魚がでろーんと並んでいたけど、
何の魚だろう?

それにしてもお腹が空いたけど、
近辺のお店もまだ開いていない。。

マグロコロッケを一つ買って食べて、
帰路についた。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
*
* (公開されません)

Return Top