へんてこえ日記〜酒と旅と自然とその他もろもろ ブログ

空飛ぶまくらと入れない庭

ベランダにまくらを干していたら、強風で飛ばされてしまった。
下を見ると、マンションの下の、入れない庭のスペースにまくらが落ちていた。

常々、何か物を落とした場合、この「入れない庭」に落ちてしまうから、拾うことはできないんだろうなー、と心配はしていたのだが、ついにその心配が現実になってしまった。

この「入れない庭」は、とっても微妙なスペースで、1階の部屋のベランダの前に2メートルくらいの庭スペースがあるのだけど、その庭スペースは1階の人も入ることはできないスペースなのだ。そしてこの「入れない庭」と道路の間には生垣があり、入るためには頑丈な鍵のかかったドアを開けて入るしかない。

もし、落とした場所が1階の人の庭だったら、謝りに行って、取ってもらうのだけれども、1階の人も入れない庭なので、それもできない。
いや、一応、1階の人ならベランダを乗り越えれば入ることは可能なのだけど、知らない人にベランダを乗り越えてまくらを取ってください、とお願いするのもどうかなー、と思う。

鍵のかかったドアは、頑張れば乗り越えることができるかもしれない、とちょっと思ったのだけど、そもそもこの「入れない庭」は1階の家に対する防犯の役割で設置されていると思うので、そこに乗り越えて侵入しているところを見つかったりすると泥棒扱いされてもおかしくなさそうだ。

いやもう、唯一の方法は、マンションの管理会社に電話して、事情を話すというのが良いのだろうけれども。管理会社からは何度も何度も「布団をベランダの外に干さないでください」というお知らせがポストに入っていることもあって、なんだか言いづらかったりもする。

かろうじてちょうど梅雨明けして雨もしばらく降らなそうなので、しばらくは良く干された状態でまくらはそこに落ち続けているのだろけど。雨が降る前に何かしらのきっかけで救助されることがあるのだろうか。

過去含む全ブログ検索


URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
*
* (公開されません)

Return Top