へんてこえ日記〜酒と旅と自然とその他もろもろ ブログ

気になる売れ残り犬のその後

近所のスーパーのペット売り場で売れ残っている犬のことがずっと気になり続けていた。

気になる売れ残り犬

その後もそのスーパーに行った時には「まだいるのかな」と、その犬を確認していたけど、白いトイプードルのその子は、いつ行ってもやっぱり売れずに残り続けているのであった。

ある日、今までその白いトイプードルが入っていたショーケースに、新しく入荷された小さな子犬が入れられていた。
もしや売れずに処分されたとか・・?!と、ドキドキしながら店内をくまなく見まわしてみると、お店の奥の方に柵が設けられていて、その奥に白いトイプードルがいた。柵に値段も書いてある札が付けられていたので、一応まだ売り出し中のようだ。
でもこんな奥の方に追いやられてしまったらますます売れなくなるんじゃないかと心配が倍増。
「トイプードル 198,000円」
もう少し値段下げないと売れないんじゃないかなあと余計な心配までしていた。

そして今日、久々にそのスーパーに行った時に、お店の奥の方を見てみると、驚きの光景が。

柵に張ってある「トイプードル 198,000円」の札の上に「家族が決まりました」の張り紙が張ってあったのだ。
おおおお。ここにきてようやく売れたのか!

札をよく見ると「誕生日は2018年の4月10日」と書かれている。
つまり1歳になっているのだ。

より小さいペットほど売れやすいという最近の傾向の中で、ペットショップで買う犬の年齢として1歳になっているというのはもう売れる可能性が低くなっていると思うのだけど。
もしかして大幅値引きでもしたのかな?と思ったけど、書かれている値段は相変わらず198,000円なのであった。

それにしてもお店の奥の方に追いやられていたこの子を、あえて飼おうと思った人は、どんな人なんだろう。
ずっと長い間気にして見てきたので、親のように「ありがとう!」という気持ちと、心配な気持ちがうずまく。

過去含む全ブログ検索


URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
*
* (公開されません)

Return Top