へんてこえ日記〜酒と旅と自然とその他もろもろ ブログ

ペットブームによる飼育放棄

今日、テレビで放送されていたけど、
新型コロナの影響で家にいることが多くなった結果、
ペットブームが起きて、
更にその結果、犬や猫を飼育放棄する人が増えているという。

ペットショップで見て「カワイイ」と思っただけで飼い始めたものの
「吠える」
「噛む」
「匂う」
「天使だと思ったら悪魔だった」
などと言って手放す人が多くなっているとか。

しかも飼い初めてから1週間とか2日後とか、信じられない程の短期間だ。
ひどい!

これ、生き物をぬいぐるみか何かと勘違いしてるんじゃなかろうか。

しかしこれって、飼って捨てた人はもちろん馬鹿だとして、
一番問題なのは、ペットショップだと思う。

生き物を飼ったことがある人なら、
当然生きてるのだからウンチもオシッコもするし、
赤ちゃんなら言うこと聞かないし、
十数年生きるのをずっと世話する覚悟を持って飼うべし
ということは当然わかっていると思うのだけど。

しかし初めて生き物を飼う人は確かにわからない場合もあるかもしれないので、
そこは売る方のペットショップが、
「こんな大変なことがあるけど本当に飼えますか?!」
という念押しをしてから売るべきだと思うのだけど
恐らくそんなことよりも
「可愛いですよー」
「お散歩はしなくても大丈夫ですよー」
なんて、抱っこさせて早く売ること優先でけしかけてるんだろうな。

コロナ以降、ペットショップの売り上げも増えているという。

でも安易に「カワイイ」だけで買わせようとするペットショップって、本当にペットのことを考えているとは思えない。
いや、考えていなくて「売上上げればよかろう」ということなんだろうな・・。

ほんと、
「犬を飼うとはウンチを拾うことだ」
と言っても良いほどに、毎日毎日、一生ウンチを拾い続けないといけないからね。

自分に飼えるかどうか、
ウンチを拾い続けることができるかどうか、
よーく考えてから、決めてほしいと、切に思う。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
*
* (公開されません)

Return Top