へんてこえ日記〜酒と旅と自然とその他もろもろ ブログ

ホウボウを捌いて食べる

相方が釣りに行ってホウボウを釣ってきた。
ホウボウを捌いて食べるのは初めて。

ホウボウは、赤い体に、緑と青の鮮やかな羽が付いている綺麗な魚。
こんなに大きくて派手な羽が付いているというのに、
飛ぶわけではなく、足がついていて、歩く。

体はヌメヌメしていて、丸っこいので、捌くのはちょっと大変。

胃袋も食べられるというので、丁寧に取りだして、酒と醤油で煮てみた。
見た目のイメージとは違い、肝のような味と食感でびっくりしたけど、美味しい。

身は刺身にした。
釣った翌日に食べたけど、まだ身が固めだったかな。もう少しおいてからでも良いのか?
でも味は美味しい。

切れ端の身は、なめろうにしてみたけど、
アジのなめろうよりも上品な味で、これまた美味しい。
高級なめろう、というかんじか。
なめろうは意外と色んな魚で作ってみると面白いのだ。

初めての魚を捌いて食べるのは、色々発見があって楽しいな。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
*
* (公開されません)

Return Top