へんてこえ日記〜酒と旅と自然とその他もろもろ ブログ

沖縄2020年11月_3日目_2_南部観光ドライブ


本日の観光へ出発。
今日は本島の南部をめぐります。
src=”http://sake.pupu.jp/hentekoe/wp-content/uploads/2020/12/3_1_003.jpg” alt=”” width=”600″ height=”400″ class=”alignnone size-full wp-image-21483″ />今日の運転係は女性チームなので
まずはSカさんが運転して私は助手席に乗る。

ナビは使いずらいのでグーグルマップを併用する。

男2人は完全リラックスモードで、後部座席に座ったら早速缶ビールを飲んで、
ぐーぐー寝ていた。

今日は泳げるかも?ということで海を目指すのだけど
天気が曇りぎみなのでちょっと寒いかもしれない。
昨日だったら暑かったのにな。

とりあえず、目指していた百名ビーチに到着。
奥の方にどんどん進んだ先にあった海岸。

手前の海岸の方にはグラスボートなどのアクティビティができるところもある。

水を触ると冷たかったけど・・。
せっかく水着もシュノーケルも持ってきたので、
頑張って入ってみることにした。

最初は冷たいけど、入ってしまえば大丈夫なかんじ。

水は綺麗だけどかなり遠浅なのでいつまでも浅い。
そのせいか魚が少ない。

でも、岩陰にじっとしているミノカサゴを見ることができた。
カサゴってホントにじーっとしてるんだな。

水に入ったのは私だけで、他の3人は入らずに海岸にいただけ。

まあしかし、さすが沖縄なかんじの綺麗な海だった。

お腹が空いたのでお昼ご飯を食べようと店を探す。
S尾さんは初日からずっと「タコスが食べたい」と言っていたので
タコスとタコライスを食べようと付近を検索していたところ、
「タコス&タコライス うちのやまち」という店が近くにあるようなので
そこを目指して向かった。
「こんなところにお店があるの?」というかんじの
住宅地の中の方に、お店があった。

コロナの影響で、店内ではなく外のテーブルで食べる形になっていた。
それは良いのだけど日陰なので寒かった・・。

「タコスとタコライス、どっちを食べようか?どっちも食べたい!」
と言っていたのだけど、
なんとその迷いを全て叶えてくれるタコス&タコライスのセットがあったので
全員それを注文した。
タコスはパリパリの皮。食べにくいけど美味しい。
肉の味付けが美味しいな。

タコライスは「少ないかな?」と思ったけど、
タコスもあったのでこの分量でちょうど良かった。

受け取ったトレーをセルフで席まで持っていくのだが、
飲み物は「倒れやすいので注意してね」と言われた通り、
倒れやすい形なので運ぶのに緊張する。

なかなか美味しいタコスとタコライスでした。

次は、Sカさんが「るるぶ」を見て良さそうと見つけた場所、
知念岬公園を目指す。
グーグルマップがなぜか遠回りのルートを示すのだけど、
海沿いだから景色がいいのかも?とか思って素直にグーグルルートで向かう。

しかし後で改めて「るるぶ」を見ていて気が付いたのだけど、
グーグルが示さなかった近道の方のルートには
「ニライ橋・カナイ橋」という、橋の上から海を見下ろしながら走る
絶景のドライブルートを通っていくことができたのであった。
写真で見るとかなり良い景色だったようなので残念。
もしかするとこの橋を通ることによって時間がかかるのかもしれないけど
グーグルには景色まで考慮することはまだできなかったか。

知念岬公園に到着。

駐車場も入場も無料だけど、ここは広くて景色も良い!
昨日、お金払って見た二か所よりも景色が良い!

眺望広場の下の森をずっと下って海まで行けるようだ。
これは橋の上から森を下っていく人たちを撮影したもの。
我らは行かなかった。

遠浅の珊瑚礁が広がる青い海。美しい!
伊豆諸島の海もキレイだけど珊瑚礁の海はまた違った美しさだなあ。

キレイな青。

あの砂浜のような島には船で行って上陸できるらしい。
次回は小さな島に行ってみるのもいいかも。

景色を堪能した後、
公園の手前にあった「斎条御嶽(せーふぁうたき)」
という場所を見に行ってみる。
何なのかよくわからなかったけど、
沖縄の中で最も格式の高い聖地で、世界遺産なのだそうだ。

今回はよくわからなかったので入らなかったけど、
もうちょっとここに関して勉強してから行ってみたい。

ここまで見たら、あとはホテルに帰るのみ。
ということで帰りの運転手係の私が運転してホテルまで帰った。
なぜか行きと違う道をナビするグーグル先生。
ものすごい坂道で細い道を指示したりしていたけど
渋滞も避け、ホテルへアプローチしやすい道をナビゲートしてくれて
無事にホテルまで到着した。


URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
*
* (公開されません)

Return Top