へんてこえ日記〜酒と旅と自然とその他もろもろ ブログ

“四国漫遊記2018_3日目_2_四万十ひろばキャンプ場へ頑張って辿り着く


高知から四万十までは110km、2時間ちょっとの道のりだ。高速を降りた後は海沿いの道を走るのでいい眺め。

途中、道の駅があったので寄ってみたところ、我らが思っている道の駅とは違うかんじのこじんまりとしたお店だった。もしかして四国の道の駅ってこんなかんじなのかな?それともたまたま?

そしてその先にあった道の駅は、多少は品物もあったので、豆腐、厚揚げ、オクラなどを買っていった。
この道の駅「ビオスおおがた」の辺りの海はサーフィンのメッカのようで、広い砂浜があってサーファーがたくさん波乗りをしていた。
16時頃、ようやく目指していた四万十キャンプ場の辺りまでやってきた。

その前に近くのスーパーで買い出しをしていく。ここでもまたもやスーパーは「マルナカ」であった!
マルナカ四万十店で買い物した後、キャンプ場を探す。

この赤い橋を渡ってすぐの辺りにキャンプ場があるはずなんだけど・・。
近くを探してみるけど、キャンプ場らしき場所が見つからない。一応「四万十キャンプ場」という標識もあったのだけど、どうしても見つけられない。
あまりにもわからないので管理事務所に電話をして場所を聞いて行ってみた。
聞いてもまだ半信半疑な「ここ?」という場所に、キャンプ場とされる場所はあった。雑草伸び放題の河原の一部というかんじの場所だ。
洗い場なんてものは当然無いけど、一応、一つだけ蛇口があった。あと簡易トイレも一応ある。
でも他にキャンパーは皆無。明かりもないので夜は真っ暗そうだし。。
「うーむ。ここでキャンプするのはかなりワイルドだな・・。」

ここは無料キャンプ場なのだけど、一応他にも安い有料キャンプ場の候補は調べてきている。そのキャンプ場は、ここから30キロほど四万十川の上流の方に行った場所にある。
「30キロか。。ちょっと遠いな・・・。」
「まあここでもいいちゃいいんだけど・・。」
「でも頑張って行ってみるか?」
と、悩んだのだけれども頑張って30キロ先のキャンプ場を目指すことにした。

ここからの道のりがまた困難。道路がものすごく狭くて、すれ違いできないような場所がいくつもあるので、バックしたりしてゆずり合いながら進まなければいけない。こんな細い山道なので、スピード狂のS尾さんでも前の車を抜かすこともできず、ゆっくり走るしかない状態で、30キロの道のりが更に長くなる。
長い細道をくぐり抜け、受付17時半を少し過ぎたところで、目指していた「四万十川ひろばキャンプ場」に到着。
カヌー館というところで受付をする。
一人350円で、ゴミを捨てる場合は指定のゴミ袋を150円で買う。

四万十川沿いというのは先ほどと同じだけど、整備されていて綺麗だし、有料といっても安い。
さっきの超ワイルドキャンプ場を見た後なので「すてきだー。」「あそこであきらめずに頑張ってここまで来てよかったー!」と、一同感動する。
すぐに川に出られるというシチュエーションではないけど、階段を下っていくとカヌーを漕ぎだせる場所がある。

テントを設置したら、すぐ近くにあるホテル星羅四万十にお風呂に入りに行く。近くといっても坂を上って行くので歩くのはちょっとキツいかも。
お風呂は一応温泉らしいけど狭めの浴室で、日帰りで800円はちょっと高いかなあというかんじ。

カヌー館の前に氷の自動販売機があったので、買ってみる。100円で洗面器一杯くらいの量が出てくるのでお得?!。夏のキャンプではともかく氷を買う必要が多いのでこういう自動販売機は便利かも。
20時半頃からようやく夜ごはん開始。
川エビ唐揚げはニンニク風味で。あとイカ焼きに定番のシャウエッセン。
道の駅で買った厚揚げを焼いて。

ひろめ市場で一束100円で買ったアスパラを豚肉で巻いて焼く。

イカ焼き。
手前はこのキャンプで何度も登場したオクラ納豆。
なぜかオクラをよく買って食べていたのだ。
暑いのでテントにフライはつけないつもりだったけど、雨が降り出したのでフライをかけた。
雨をよけるべく橋の下でちょうど雨除けができるテーブルスペースに移動した。
毎度のとおりすぐ眠くなったS尾さんは先に寝たけど、残りの3人で赤ワインを開けてチーズを食べつつ22時半くらいに寝た。

夜は雷が鳴り響いて雨も降っていたのでちょっとコワイ。
夜中の3時頃に目が覚めたら暑すぎて寝られない。。ウチワをテントの中に持ってくるべきだったな。でも外に出るのが雨だし面倒なので我慢する。

四国漫遊記2018_4日目_1_今後の予定を変更し、香川でうどんを食す
————————————————-
1日目_「フェリーりつりん」でちょっとした船上パーティ
2日目_1_フェリーで過ごす優雅な朝とお昼
2日目_2_甫喜ヶ峰森林公園キャンプ場で高知の食材を食べる
3日目_1_高知観光。ひろめ市場、よさこい祭、桂浜
3日目_2_四万十ひろばキャンプ場へ頑張って辿り着く
4日目_1_今後の予定を変更し、香川でうどんを食す
4日目_2_金毘羅さん詣で後、峰山公園キャンプ場へ
5日目_1_高松カントリー倶楽部から瀬戸内海を眺める
5日目_2_花火大会はBGMで
6日目_1_瀬戸内海クルージングで釣れない釣り
6日目_2_四国健康村で3時間過ごす
7日目_1_坂出カントリークラブで長いラフに苦戦
7日目_2_高松でホテル泊&居酒屋に感動する夜
8日目_最後に大慌て駆け込みフェリー乗船
9日目_旅の最後の意外な結末
————————————————-

過去含む全ブログ検索


URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
*
* (公開されません)

Return Top