へんてこえ日記〜酒と旅と自然とその他もろもろ ブログ

東新宿_サンサール

001ネパール料理のお店。

ネパール料理とインド料理の違いがよくわかっていなかったのだが、
スパイスをたくさん使っていつつ、インド料理ほどカレーではない。
そして食べた瞬間辛くても後引かないかんじで。
ともかく、酒のつまみにいいかんじ。

写真はネパールの小籠包的な「モモ」。
見た目よりも肉肉しいかんじ。
意外にもスパイスが効いていて美味しい。
IMG_1213すぐに出てくるつまみメニューが300円くらいと、安い。
「日替わりアチャール」とか「本日のおつまみ」とか。
どれがどれだったか忘れたけど、
蒸した芋とかの野菜にスパイスをからめたものが美味しかった!
あの味付けの配合を知りたい。

「マサラカジュ」というのは豆ぽいもの。

「激辛タマネギのアチャール」はとても辛かった!
IMG_1214サラダもスパイシー。

IMG_1216カレーは、マトンと、サグマトン。

緑色のは、ほうれん草にマトンが入っているので
思ったよりもいつも食べるほうれん草カレーぽくない。

しかしやっぱりインドカレーよりもカレーカレーしてなくて
スパイス味をしっかりと味わえる。

チャパティが美味しい。
全粒粉ぽいかんじの粒感のある薄焼きナンで、
そのままでもいける。2枚でも良かったな。
IMG_1217最後に何か強い酒を一杯、と思って、
メニューの中から、何だかよくわからないので
「ククリラム」をチョイス。

名前からするとラムなのかもしれないけど。
でもネパールでラムなんて作ってるの?
サトウキビはとれるのか?
ネパールの酒ではないのかな?
・・などなど考えていたのだけれども。

それは、ネパールのラムなのであった。

開けてしばらく時間が経っていると思われるかんじの
味わいになってしまっているが。
なんだか、焚火のそばで飲むにも合いそうなかんじで。

40度という度数の割には強いかんじを受けなかったのだけど
それはアルコールが抜けちゃってるのだろうか?
それともそういう味なのか?

けっこう食べて飲んだ割にはお会計が一人3300円だった。安い。
スパイシーなつまみの参考に、通いたいものだ。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
*
* (公開されません)

Return Top