へんてこえ日記〜酒と旅と自然とその他もろもろ ブログ

四国漫遊記2018_5日目_1_高松カントリー倶楽部から瀬戸内海を眺める

峰山公園キャンプ場で迎える朝。5時過ぎに起きた。

展望台を見に行ってみたら、瀬戸内海を見渡せるなかなかの眺望だった。

6時にキャンプ場を出発する。朝はまだゲートが開いていないので、荷物を持って下の駐車場まで歩いていかなければならないので、滑り台を利用してみようと思う。荷物を抱えたまま滑ってみると、朝露で濡れていたので、お尻がべちゃべちゃに濡れてしまった。そしてこの滑り台が意外に滑りが良くて、手で押さえながらでないと速度が出てしまうので怖い。「ぎゃー。濡れるー!。速いー!」と騒ぎながらなんとか下まで到達した。
でもこの滑りの良さは上手く工夫すれば大きい荷物を降ろすのも可能かも。

途中コンビニで朝食を買って、食べながらゴルフ場へ向かう。
ゴルフ場は城山という山をどんどん登っていった上の方にあった。

6:45頃にゴルフ場に到着したけど、まだクラブハウスが開いていなかった。この辺のゴルフ場ってアーリーバートとかないのかな?
8:30 INコースよりスタート。
瀬戸内海がばーっと広がる打ち下ろしホール。

このゴルフ場は四国で最初にできたゴルフ場だそうだ。そしてなんといっても眺望がすごい。しかも一方向だけでなく、いくつものホールから全方位的にすごい眺めが見られる。
山の上にあることもあってアップダウンが激しい。そしてトリッキーなフェアウェイが多い。こんなかんじの2段フェアウェイとか。
瀬戸大橋が見渡せるホール。観光客としては、この景色を眺められるので観光兼というかんじでプレーできると考えるとお得かも。

しっかしコースは難しい。ティーショットからいきなり全面に壁のように立ちはだかる打ち上げがあったりして、ドライバーでそんなに球上がんないし。へんてこなコース多し。
バンカーにもよく捕まったし。

で、スコアはふるわず。前半のスコアは54だった。
お昼ご飯。選択肢がいまいち少ないかんじの中から、とんかつランチをチョイス。

ここはレストランも眺めが良いので、一般の人も食事だけ利用することができるようで、ゴルフウェア着ていない家族連れが来たりしていた。でもそれならば食事内容をもうちょっと良くすればいいのに。食事だけしに来るにはちょっとがっかりな感じなので・・。
OUTコースも引き続きアップダウンが激しいコース。

でも後半、私は少しまともになってきた。
スキー場か、というかんじの打ち上げコース。
球が低いタイプだと距離が出なくてつらい。
打ち下ろしパー3では、グリーン前の深いバンカーに入れてしまって何回か出なかったので後ろに出して打ったところ、なんとその球がうまいことカップに入った。チップインだー!とはいえ5打目なのでチップインダブルボギーだけど。

後半は49となんとかギリギリ40台に収められて、合計は103。まー、そんなもんでしょ。

四国漫遊記2018_5日目_2_花火大会はBGMで
————————————————-
1日目_「フェリーりつりん」でちょっとした船上パーティ
2日目_1_フェリーで過ごす優雅な朝とお昼
2日目_2_甫喜ヶ峰森林公園キャンプ場で高知の食材を食べる
3日目_1_高知観光。ひろめ市場、よさこい祭、桂浜
3日目_2_四万十ひろばキャンプ場へ頑張って辿り着く
4日目_1_今後の予定を変更し、香川でうどんを食す
4日目_2_金毘羅さん詣で後、峰山公園キャンプ場へ
5日目_1_高松カントリー倶楽部から瀬戸内海を眺める
5日目_2_花火大会はBGMで
6日目_1_瀬戸内海クルージングで釣れない釣り
6日目_2_四国健康村で3時間過ごす
7日目_1_坂出カントリークラブで長いラフに苦戦
7日目_2_高松でホテル泊&居酒屋に感動する夜
8日目_最後に大慌て駆け込みフェリー乗船
9日目_旅の最後の意外な結末
————————————————-

過去含む全ブログ検索


URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
*
* (公開されません)

Return Top