へんてこえ日記〜酒と旅と自然とその他もろもろ ブログ

四国漫遊記2018_7日目_1_坂出カントリークラブで長いラフに苦戦

5時に起床。朝ご飯は食べずに撤収を開始する。
早朝にはゲートが開いていないので、荷物の撤収はゴルフから帰ってきてからにするつもりだったのだけど、いつもの通り早く起きたS尾さんが公園を散歩していたところ、テン場に割と近い場所に車を停められる場所を発見したそうなので、撤収して荷物を車に運びこむことにした。
ちなみにS尾さんは最初に車に荷物を持っていく時に滑り台を活用したそうである。
S尾家から、焚火材として持ってこられた三輪素麺の空箱であるが、こまごました物を入れておくのにちょうど良く重宝されていて、結局最後まで燃やすことはせずに有効利用されたままであった。
キャンプって物がバラつくのでこういう箱は意外と便利なのだ。
ちなみに写真の右に移っているスチールのカゴは、私がマンションのごみ捨て場に捨てられているのを見つけて「キャンプの時に洗い物入れるのに便利だ!」と思って拾ってきたもの。こちらもやはり、洗い物を一気に運べるので重宝した。

今日のゴルフ場は坂出カントリー。
相方の手の荒れが悪化してクラブを握れない状態になっていたので、今日はゴルフするのはやめて四国温泉村の一日コースでずっと過ごしていることになった。
ホントはゴルフはキャンセルしようとで電話したら、キャンセル料が一人3,240円かかりますと言われたので3人でプレーすることにした。

早めに着いたので、バンカー練習場でバンカーをたくさん練習した。
8:20 INコースからスタート。
先日プレーした高松カントリーと場所は近いけど、こっちはそんなに山の上ではないので瀬戸内海とかは見えない。

雨が降ったりやんだりしていた。日差しがそんなにないので暑すぎないけど、蒸し風呂みたいなかんじ。

コースはなかなか難しい。フェアウェイが狭いので、いつもは高いフェアウェイキープ率を誇るこの私が、ティーショットはほぼラフに入れてしまっていた。
しかもこのラフが深いので、ボールを探すのにも時間がかかるし、打っても距離が出せないしで、ヘタすると2打目までラフに入れてしまったりと、かなり苦戦した。

バンカーも効いていて、フェアウェイバンカーにもグリーン周りのバンカーにも何度も入れてしまっていた。朝にバンカー練習をたくさんしておいてよかった。深いバンカーも一応一発で出せていたので。

ついでに今日はパットもいまいちちゃんと入らないかんじなのだ。カップ際で切れることが多い。
つまり全体的にイマイチ。前半のスコアは58だった。やばーい。
気を取り直してお昼ご飯。
暑かったのでビールがうまい!!
「うな重」はプラス1300円と高価だったけど、「うな丼」はプラス400円とお得だったので、当然これを注文。わりと柔らかくて美味しい。

食事中に今夜のホテルを検索して探すが、徳島にはもう安いホテルが見つからない。
やばい。もう一泊キャンプかなあ。一応、もともと予定していた徳島のキャンプ地が候補としてあるんだけど、一度「ホテルで。布団で。クーラー効いた部屋で寝られる!」とその気になっているので、なかなか気持ちを戻すのが難しい。

明日の船は11時半なので、高松からでも間に合うのではないか?ということで、高松で探してみたところ、安くてよさげなホテルを見つけたので、そこを予約した。
最終日のご褒美として、居酒屋で飲んで、部屋で寝るというのも良いでしょう。

後半はけっこう雨が降っていた。
引き続き相変わらずなかんじで、後半のスコアは54で、合計112と、最近ではあんまり出していない110オーバーをしてしまった。うーむ。

お風呂入って、14時半に温泉からやってきた相方に迎えに来てもらって、予約したホテルへ向かう。

四国漫遊記2018_7日目_2_高松でホテル泊&居酒屋に感動する夜
————————————————-
1日目_「フェリーりつりん」でちょっとした船上パーティ
2日目_1_フェリーで過ごす優雅な朝とお昼
2日目_2_甫喜ヶ峰森林公園キャンプ場で高知の食材を食べる
3日目_1_高知観光。ひろめ市場、よさこい祭、桂浜
3日目_2_四万十ひろばキャンプ場へ頑張って辿り着く
4日目_1_今後の予定を変更し、香川でうどんを食す
4日目_2_金毘羅さん詣で後、峰山公園キャンプ場へ
5日目_1_高松カントリー倶楽部から瀬戸内海を眺める
5日目_2_花火大会はBGMで
6日目_1_瀬戸内海クルージングで釣れない釣り
6日目_2_四国健康村で3時間過ごす
7日目_1_坂出カントリークラブで長いラフに苦戦
7日目_2_高松でホテル泊&居酒屋に感動する夜
8日目_最後に大慌て駆け込みフェリー乗船
9日目_旅の最後の意外な結末
————————————————-

過去含む全ブログ検索


URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
*
* (公開されません)

Return Top