へんてこえ日記〜酒と旅と自然とその他もろもろ ブログ

急に気圧が下がったので具合が悪くなる人続出


急に天気が悪くなると、気圧の関係で、
頭痛がしたりなど具合が悪くなる人が多い。

今日も、そんな日だったようで、
SNS上でも、実際に会う人でも、
「頭痛が、、」「耳鳴りが、、」と言っているのを何度も聞いた。

私は特にそうなったりしないので、
「何で気圧と健康が関係あるのだ?!」と思うのだけど、
でもこれはもしかしたら、高山病と同じ症状なのかもしれない。
とすると、ちょっとわかる。

過去に一度だけ、高山病っぽい症状を体験したことがある。
木曽駒ケ岳に登った時だ。

木曽駒ケ岳は2,956mとほぼ3000m級の高い山だけど、
2,650mの千畳敷カールまでロープウェイで一気に登ることができるので、
高い割には楽に頂上に立つことができる山だ。

と、登るのは楽なのだけど、
標高差約1000メートルを7分30秒で一気に上がるので、
徒歩で少しづつ標高を上げていくのに比べて
気圧の変化を急激に受けてしまうことになる。

・・という理論は、後で気が付いたのだけど、

ともかく、テン場まで登った後、
打ち上げビールだ!と一缶700円の高価なビールを飲んだ後、
なぜか全員が頭がガンガンと痛くなった。

「お酒飲んだせいか?弱くなった?」と思い、
それ以上飲む気にもなれずに、早々に寝てしまったのだった。

翌日には回復していたんだけど。
これはおそらく、軽い高山病みたいなものだったんだろうな、
と思われるのでした。

天気も、いきなり悪くなる、つまりいきなり気圧が下がると
これと同じような症状が出るということなのかもしれないな。

そんな症状が出てしまう人は、
高地トレーニングすると症状が軽くなるとか?
あるのかしら。

過去含む全ブログ検索


URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
*
* (公開されません)

Return Top