へんてこえ日記〜酒と旅と自然とその他もろもろ ブログ

2,000円のミシンの使い勝手

約2000円という格安のお手軽ミシンをアマゾンで買ってみまして、ポチっとした翌日に早々に届いてたので、さっそく使ってみました。

そもそもの目的は、人間の古着をリメイクして犬の服を作るためだったので、防寒着としてスポーツウェアを使用したジャンパーを作ろうと。形に切った布をミシンで縫ってみたのですが。

・・縫えない!!

糸がちゃんと布にくっつかないというか、下糸と上糸がちゃんとからまらないというのか?全く縫えなかった。
布を木綿の生地に変えて縫ってみたら縫えたので、その時縫っていたペラペラした生地だとダメのようだ。うむむ。

まあ気を取り直して、木綿の生地を縫うことにしましょう。

クッションカバーが犬に噛まれてボロボロだったので、ファスナーを付けない簡単なクッションカバーを作ろうと思う。お好みの生地を買ってきて作る。出来合いのカバーを買うより安いし、好みの柄で作れるので自作の方が良いのだ。

こちらはさすがに縫えはしたのだが、上糸の調節ネジがちゃっちいせいか、上手くできない。特に縫い初めは上手くいかなくて、ゆるゆるにした状態で縫い始めて徐々に調節を強くしていく、という方法でなんとか縫わないと縫えない状況なので、縫い初めだけがどうしても下糸が強すぎるという形に。

まあ、それでもなんとか手縫いよりは早く綺麗な形で直線縫いはできた。

余った生地で犬のおもちゃを作成。といっても適当に縫い合わせただけだけど、犬的には噛むことができれば何でもおもちゃになるので。

うーむ、しかしこの上糸調節ネジはこんなものなのか。ここさえちゃんとなってくれれば十分使えるので、もっと色々なものを作りたいんだけど、いまいちストレスになる使い勝手なんだよねえ。。

過去含む全ブログ検索


URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
*
* (公開されません)

Return Top