へんてこえ日記〜酒と旅と自然とその他もろもろ ブログ

野生の犬にならう吠え防止法

昨日に引き続き、番犬の番人をしております。

犬の無駄吠え対策に関してネットで色々調べていたところ、
犬の意思伝達パターンに応じた方法があるという記事をみつけたので、
その方法を試してみることにした。

犬の無駄吠えを防止するしつけ方法

野生の犬の中で、上位の犬が、吠えている子犬を静かにさせたい時には
「吠えている子犬の鼻面を、牙を立てないようにしてくわえ、低くてかすれた短いうなり声をあげる」
のだそうだ。

その方法を真似て、人間の場合はこうすれば良いらしい。
「犬を自分の左側に座らせ、犬の背中のところであなたの左指を首輪の下に滑り込ませる。左手で首輪をつかみながら、右手で犬の鼻面を包むようにして押し下げる。そして落ち着いた事務的な声で、「静かに」と言う」

犬が吠えている時に大きな声で「うるさい!」とか言うと、犬は自分の吠えに加勢してくれていると思って更に吠えてしまうのだそうで。低い落ち着いた声で言うのがポイントだそう。

さっそく吠えた時にやってみた。
うむ。確かに、すぐに吠えるのをやめるかも。
今までは注意しても、何度も何度もワンワンワンワン吠えていたけど。
この方法で止めると1鳴きで止めることができる。
なんだか不思議なくらいに止まる。

というか、
飼い主の私が本気で「絶対止める!」と決意したから、というのもあるような気もしてきた。
いままでは「だって吠えちゃうんだもん。。」と、止めるのは難しいと諦めているような気持ちがあったのだけど。今回は本気で「このままではやばい。」と思ったので、「なんとしても吠えるのをやめろ!」という強い思いで止めているので、それが犬にも伝わっているのかもしれない。

犬のしつけは飼い主の責任次第と言われるけど、ホントにそうなのかもしれないなあ。

ということで、しばらく強い意思を持ってこの方法を続けてみようと思う。
続けていったらそのうち、吠えなくなるまでいくんだろうか?

過去含む全ブログ検索


URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
*
* (公開されません)

Return Top