へんてこえ日記〜酒と旅と自然とその他もろもろ ブログ

三宅島2019年3月_1日目_1_エサ取り三昧で渋い釣果


朝5時に伊ヶ谷港に到着した。送迎バスに乗ってホテル海楽へ。
寝不足で眠いので、部屋に入れたら、釣りに行く前に少し寝たいな、、と思っていたのだけど、残念ながら部屋はまだ空いていなかった。
お腹すいていたので、ホテルの朝ごはんバイキングを利用させてもらって朝食を食べた。

食後、レンタカーに乗って早速釣りに行った。
今回貸してくれたレンタカーはデッキバンとかいう、こんなミニトラックみたいな形の車だった。荷物あんまり詰めないかなーと思ったけど意外に問題なく、汚れとか臭いとか気にしないで良いので意外に釣りにはいいかも。
でも後ろのカバーが壊れていて、荷物を持ち上げて上から入れないといけないので、重い荷物になると大変。
錆ヶ浜は波が高くて門が閉められていて入ることができなかったので、船の到着した伊ヶ谷港で釣ることにした。
カモメがたくさん飛んでいる。ということは魚の群れがいるってことかも。

という期待とはうらはらに、今日の三宅はいつもと様相が違った。
アタリは一応あるのだけど、釣れるのは小魚ばかり。
スズメダイ、オヤビッチャ、テンジクダイ、チョウチョウオ、などなど、リリース系小魚のオンパレードだ。
食料となる魚がなかなか釣れない。

ところで、島に着いた後、ふと気が付いたのだけど、携帯電話が無かった。
私はガラケーとスマホを2台持っているのだけど、そのうちのガラケーが無い。
海楽に到着してからバタバタと着替えたり荷物を置いたりしていたので、その時に肩にかけていたショルダーバックから落ちたのかもしれない。ショルダーバックの外ポケットに入れていたので落ちやすかったとは思う。と行った場所を全て調べて携帯を鳴らしてみたけど、無い。
じゃあ、船で落としたのかも。とうことで東海汽船に電話したら調べて折り返すとのこと。
その後、八丈島に到着して清掃が入ったところで連絡をくれたのだけど、携帯の落とし物は無いとのこと。あれれー。

携帯の場所w特定するサービスがあるはず!と、調べてみるとソフトバンクで電話で問い合わせると位置を教えてくれるサービスがあるらしい。ということで、かけてみた。これがまた面倒くさくて自動ダイヤルで一旦回線停止した後に、もう一度かけなおして延々待った挙句ようやくオペレーターにつながった。
オペレーターのお姉さんいわく、ほんとは何だかのサービスに加入してないとダメらしいけどお困りのようなので今回は探してあげます的なことを言って、探索をしてくれた。

しばらく待って、探索を終えたオペレーターのお姉さんが言うには
「お客様、、海か何かのそばにいらっしゃいますか?」
「はあ、いますけど。」
「場所が、、海上、と出るんです。詳しい場所はわからないのですが。」
「ああ、船に乗ったので、やっぱりそこにあるのかもしれないですね。海上のどこかはわからないんですか?」
「はい。海上、ということしかわからないのですが」
「なるほど。わかりました。」
ということは、やっぱり橘丸のどこかに落ちてるのかもしれない。
まあこの後、東京に到着したら再度しっかり清掃が入ると思うし、それでも見つからなければ帰る時に船に載ったら自分で探してみることにしよう。
波が高いせいなのか、何なのか。。大き目なのがかかった!と思うと、ソウシハギなのである。
これは毒があって食べると死ぬのでもちろんリリース。しかし今回これ、何度も釣れたなあ。

相方が15センチくらいの小さなカサゴを釣った。小さすぎるのでいつもならリリースするのだけど、やっと食べられそうなもの、、ということで、クーラーに入れておいた。
午前中はクーラーの中に入っているのはこのミニカサゴ一匹のみ。

このままこの調子が続いたら、オヤビッチャでも持って帰らないといけなくなる。まずい。

小魚に関しては入れ食いのように釣れてしまうので、そんな小魚を釣ってはリリースしてたら、隣で釣りはじめた島民のおじさんが声をかけてきた。

「小さいの、捨てちゃうんならもらえる?。猫の餌にちょうどいいから。」と言う。
「たくさん釣れちゃってもいいですか?」と言うと、
「3匹飼ってるから。」とのこと。

これで小魚を釣っても用途ができた。

ということで釣れた小魚を、おじさんにあげ始めたところ、貨物船が到着するというので釣っていた側と反対側に移動した。そしたら小魚も釣れなくなってしまった。

潮的にも釣れない時間帯に突入してきたので、一旦ここで引き上げてお昼ご飯休憩にする。
またもや海楽前のスーパー土屋食品の目玉焼き弁当とメンチ。
その場で注文して作ってもらった。
もう何度もこればっかり買いに来ているので明らかに顔を覚えられていると思う。
でも何度食べても絶妙な味で美味しい。
今回はハムじゃなくてベーコンになっていたけどこれがまた良し。
磯はどんなもんかな?と温泉前の磯を見にいってみたけど。
波が高いし、磯用の装備も無いのでやめておいた方が賢明であろう。
ということで午後も伊ヶ谷港で釣る。
そして相変わらず釣果は渋い・・。
16:40 大き目のアタリ!と思ったらタカノハダイだった。

タカノハダイは鱗が硬くてさばくのが面倒なので最近はリリースしてるのだけど、釣果が少ない今回は持ち帰ろう!ということでクーラーに入れた。

日がほぼ暮れる18時頃までねばったけど、持ち帰れる釣果はこんなもので終了。
やばい。このままだとクーラーが軽いままで帰らなければいけないかも。。

ともかくとりあえず宿に戻って夕飯食べて、夜の部に期待!・・できるかしら?!。

過去含む全ブログ検索


URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
*
* (公開されません)

Return Top