へんてこえ日記〜酒と旅と自然とその他もろもろ ブログ

蒲田_三洲屋 ~ 信濃路

1明るい時間から、蒲田で飲む。
蒲田にしたコンセプトは、
蒲田が舞台の朝ドラ「梅ちゃん先生」終了の勝手なる打ち上げ
ということと、明るいうちから飲める店がたくさんありそうだったから。

まずは、駅前すぐの「三洲屋」。
2同行者が来るまで、ビール飲んで待つ。

それにしてもまだ16時なのに、テーブル席がすでに満員になってしまった。
3この春菊胡麻和えが、美味しかった!

しばらく待っていたら、20分ほど送れて友達が到着。
テーブル席だけではなく、カウンターも埋まり始めている。
4肉豆腐ならぬ「鶏豆腐」。
意外とちゃんと出汁が出ていて、美味しい。

酒蒸しのあさりの身もぷっくりとして美味しかった。

3人のおじさんが入って来て隣のテーブルに座った。
「食べ物は頼まないよ。」
と、言って座って、各自ビールを注文していた。
書類を持っていたので、打ち合わせか?というようなかんじ。
5アボカドとカニのサラダに、
野菜サラダ(ポテトサラダ)。

隣の席のおじさんたちは、30分ほどして出ていった。
出ていきがてら、一人のおじさんが話しかけてきた
「いやー。一緒に飲みたかったんだけど、
これから市役所いかなきゃいけないからねー。
戻ってきたら、飲もうねー。行ってきまーす。」

飲んだ後に市役所?!
なんだか、この蒲田の町では、
居酒屋がドトール的な感覚で使われているのだろうか?
というような、光景であった。
6鯛かぶと煮。

他の客も、確かに「飲むぞ!」と意気込んで飲みに来ている
というよりは、
喫茶店でコーヒー飲んでいるのに近い雰囲気をかもし出している。
かもし出しているけれども、飲んでいるのは、酒だ。
うーむ。昼から飲んでいる程度でいきがっていた自分たちを
初心に戻してくれる町であった。
7引き続き、2軒目。
定食屋的な店「信濃路」。
8カウンター席のみ。
そして、カウンターの幅が、とても狭い。
9定食をはじめ、つまみメニューもびっちりたくさん。
しかも380円とか、やたら安い。
10人気商品、ハムカツ。
ハムが分厚くて食べごたえあり。

最初は真ん中あたりのとても狭いカウンターで座っていたけど、
奥の少し広いところが空いたら、そこへ移動させてくれた。
目の前がちょっとだけ開けた席。
11オムレツ。

先のお店もそうだけど、
付け合せにレモンがたっぷりついてくるのが
蒲田スタイルか?
12並べたら、すごい色合いになった。

13チーズを、海苔で巻いて食べるのが、
なかなか美味い。

2軒行って、まだ19時くらいだ。

今回、昼間から蒲田で飲んだ印象。
昼から飲んでいる町でも、赤羽に比ると、
もう少し、「飲むぜ!」の意気込みが薄く、
自然体で飲んでいる様子があるような印象であった。
言ってみれば、昼間から普通にワインを飲んでいるような
ヨーロッパに近いようなかんじか!ほんとか?

過去含む全ブログ検索


URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
*
* (公開されません)

Return Top