へんてこえ日記〜酒と旅と自然とその他もろもろ ブログ

北海道から南下の旅_8日目_1_ヘレナ国際カントリー倶楽部で締める

小玉ダムキャンプ場の朝。ダムはすぐそこにありそうだけど、全く見えなかった。

ついにこれで一週間のテント泊も最後だ。晴れて良かった。荷物を撤収して、なるべく綺麗に整理して車に積み込む。今日はこれから3度目のゴルフへ行くので、荷物が大量に積んであるとゴルフ場でキャディバックを出すのに苦労するので。

というか、クラブハウスに車を横付けしてキャディバックを出してもらうには、この大量のキャンプ道具が詰め込まれているのは恥ずかしいので、ゴルフ場に付いたらまず駐車場に停めてしまって、キャディバックは自分で担いで持っていこうと思う。

としても、これまでの詰め方だと、キャディバックを抜いた途端に他の荷物が崩れ落ちそうなので、バラバラしたものはルーフボックスに入れるなど工夫しながらきちんと詰め込んでいく。

昨夜茹でておいた残りの卵を食べる。あとは残っていたチーズ少しと、残っていた小さなコロコロパン。少ないながらもこれらを朝食として、今回のキャンプで買った食料は使い切った!こんなにキレイに使い切れるのは意外に無いので、気持ちが良い。

早めにキャンプ場を出発して、途中のサービスエリアでゴルフウェアに着替えた。

ゴルフ場には7時半くらいに到着してしまった。荷物が恥ずかしいのでまず駐車場に行こうとしたところ、なんとこのゴルフ場はめずらしい造りで、駐車場スペースに入っていくとまず最初にカート場があるので、関所のようなかんじで係員が待ち構えていたので、否応なく荷物を降ろされてしまうのだった。こんな造りのところは初めてなのに唯一、荷物を降ろしてほしくない時に当たってしまうとは何とも。荷物満載の後ろのドアを開けられてしまっていきなり恥ずかしい。
このゴルフ場は、なんと馬がいるのだ。敷地に入ってまずゴルフ場より先に馬が現れる。
乗馬クラブを併設しているようで、乗馬の練習をしていた。
かなり早く到着してしまったけど、時間を早められないと言われたので、練習場へ行く。

ここは敷地がものすごく広くて、練習場へ行くにはカートで10分くらいかかる。こんなどでかい廃墟ホテルがあったり、謎の使われていない建物やオブジェなどもある不思議な場所なのだ。

元は何だったのかな?と不思議なので調べてみたところ、なんと元は無く、バブル時期に長期滞在リゾート地を構想して造られたけど中断した建物なのだそうだ。でも内部もほとんど完成しているので、ロケ地として使われているようだ。確かに建物はバブルそのもの!

建て込み自由!24時間撮影可能なリゾートホテル

広い打ち放し練習場の他、アプローチとバンカーができる練習場もあるので、みっちり練習して時間を潰すことができた。
予約とおりに9:27 INコースからスタート。

ここもフェアウェイも広くて広大な敷地で北海道感があるゴルフ場だ。加えてバブリーな景色。
合宿最終日なのでガンバルぞー!と意気込んだものの、ここはグリーンが難しい気がする!短い距離でもカップ脇で切れて入らないことが多く、3パット続出。出だし5ホールもオール3パットだった。

そして速くて止まらないグリーンなので、アプローチが思ったよりも転がってしまい、オーバーして出てしまう事が多々あった。

ドライバーは相変わらず調子が良いので、今日はなんとフェアウェイキープ率100%で前にちゃんと飛んでいるのだが、グリーン周りで地味に打数を増やしているので、地味にスコアが悪い。

前半のスコアは54だった。どーも今回の合宿のスコアはふるわないな。
昼食はバイキングだった。

その場で焼いている焼きたての餃子がウリのようで、パリパリで美味しかった。その他はまあまあというかんじ。餃子だけを大量に取って餃子定食のように食べている人がいたけど、それが正解なのかもしれない。

そういえば今回の旅で一番何度も食べていたのは餃子だったかもしれないな。北海道名産でも何でもないけど。
ほんとうは「馬のふれあい広場」という場所があったけど、そこには馬がいなかったので残念ながら触れ合うことはできなかったので、見るだけ。

後半のOUTコースも3パット始動をしてしまったけど、その後は2や1パットで押さえつつ進んだものの、4パットを出してしまったりしていたのでやっぱりイマイチなのでした。

後半のスコアは52で、合計106。
私のゴルフ合宿の成果はイマイチでしたが。。
でも、初心者Sカさんにとっては、この短期間に何度もゴルフを行う合宿の成果はかなりあったようで、日に日に上達しているのが見てもわかるほどだったし、スコアも自己ベストを出せていたらしい。

以上で今回の合宿および旅は終了ー。
あとは南下して帰るのみ。常磐道はそれほど混まないという法則に反して混んでいたのだけれども、途中の事故見学渋滞を抜けたら嘘のように進み始めた。とはいえ、S尾家に行って荷物を降ろして自分の車にて帰宅できたのは21時くらいだった。

最終日もそこそこ走った。

———————————–
北海道から南下の旅
1日目_新しいフェリーさんふらわあに感動
2日目_1_いきなりトラブルから始まる北海道上陸
2日目_2_アルトリ岬キャンプ場で大量の生ジンギスカンを食す
3日目_1_大沼レイクカントリークラブ。北海道のゴルフ場は雄大だ
3日目_2_東大沼キャンプ場へ行く道のキタキツネ
4日目_1_鹿部カントリー倶楽部で腹ぺこスルー
4日目_2_北海道のジャガイモはやっぱり美味い
5日目_1_函館で魚介三昧
5日目_2_つがる地球村で雨キャンプ
6日目_1_パスタを3度茹でた後ひたすら日本海沿いを走る
6日目_2_三崎公園キャンプ場で懐メロ大会
7日目_1_本日のイベントは「一庵」の冷たい肉そばを食べるのみ
7日目_2_小玉キャンプ場に心の綺麗な人しか見えない雨が降る
8日目_1_ヘレナ国際カントリー倶楽部で締める

———————————–

過去含む全ブログ検索


URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
*
* (公開されません)

Return Top