へんてこえ日記〜酒と旅と自然とその他もろもろ ブログ

棒ノ嶺

001_1029久々に山登り。

夏の登山は暑いので、少しでも涼しいかんじにと、
プチ沢登り的な棒ノ嶺に決めた。

ゆっくりめに7時に家を出発して、
8:26に飯能駅に到着。

8:55発のバスに乗って、
9:20位にさわらびの湯バス停の一つ前のバス停で降りてしまったので、
そこからしばし歩いて有間湖へ。
002_103910:40登山口。

沢沿いの道を登って行く。
003_1104
少し登って行くと、沢の中を横切りながら進む道になる。

岩を登っていくのは、ちょっと楽しい。
そして沢が涼しげだ。
といいつつ、暑くてTシャツは汗でびっしょり。
004_1111鎖場もあり。
見た目ほど難しくはないのだけど。
でもこんな場所もありつつなので、
退屈しないかんじの登山道だ。
005_113311:30
一旦舗装道路に出る。
ここからの道は岩道ではなくて、やや急な登りになる。

がーっと登るとしばらく平坦になって、
また急な登りが現れる。

急な道には木の階段が設置してあるんだけど
土がえぐれているので、階段を使わない方が楽。

それにしても、沢登とかもあるしそこそこハードなコースだと思うんだけど
意外と人が多くて、
お年寄りも、子供も、太った人も(失礼)登っていた。

そんな人たちでも登れるんだから
私ももうちょっと頑張らねばいかん!と
頑張って登った。

サーモスの水筒に満杯の氷と麦茶を入れて持ってきたが
保冷力が強すぎて氷があまり解けず、
麦茶を半分も飲めなかったのが失敗だ。
006_122212:20
棒ノ嶺の山上に到着!

混雑というほどではないけどそこそこ人がいる。
007_1246

008_1222曇気味なので景色はあまり見えない。

でも曇気味だったから暑いとはいえまだマシだったかも。
009_1247
頂上でお昼ご飯を食べて、
12:50に下山開始。

行きの、岩岩の道を下るのもちょっと怖そうなので
帰り道はコースを変えて滝の平尾根を降りていくコースにした。

そこそこ急な道がずっと続くので
下りといえどもあまり楽ではなかった。
これはあまり駆け下りることができないような下り道だ。
確かに走って登るような人がいない山であった。

けっこう疲れたのだけれども、
前回のようなひどい疲れでもないので、
やはり前回は体調が悪かったのかな。

14:00くらいに下山して、そこからすぐの、さわらびの湯へ。
もうTシャツもてぬぐいも絞れるほどにびしょびしょに汗をかいたので
温泉がすごく気持ちが良い。

しかしだんだん混んできたので、
早めに出た。

この温泉は食料持ち込み可なのだけど食堂が無い。
とりあえず缶チューハイを買って飲みながら、
バスの時刻表を見たら、10分後くらいに出て、
そこからまたしばらく無いようなので、
早々に出て、15:20のバスに乗って帰った。

疲れたけど今回はこの山にして適切だったかもしれない。
時間とか、難易度とか、沢のかんじとか。

過去含む全ブログ検索


URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
*
* (公開されません)

Return Top