へんてこえ日記〜酒と旅と自然とその他もろもろ ブログ

小白沢ヒュッテ小屋閉め2018_紆余曲折の長い道のり

恒例の小白沢ヒュッテの小屋閉めお手伝いへ。
最終の小屋閉め日は来週末だけど、プレ小屋閉めということで今週集まれる常連5人が行くことになった。

今回は犬(りつりん)も一緒に、Sちんのパジェロミニに乗せてもらって行くことにした。関越が込み始める前に出ようということで、Sちんは横浜を4時半過ぎに出て我が家には6時前にやってきてくれて一緒に出発。

関越道に入ってわりとすぐに渋滞が発生した。ノロノロ進んでいる途中で故障車が側道に止まっていた。「渋滞の上に故障とは大変だねー」なんて言ってるうちに、車の流れは完全に止まってしまった。そして後ろから消防車や救急車が何台もやってきた。側道が狭くてなかなか走れないので消防車からスピーカーで叫んでいる
「もうちょっと右に寄ってください!前方で火災が発生しているのがまだ消火できていません!」

警察もやってくるし、けっこう大きい火災なのかな?。
車も完全に止まってしまっているし暇なのでネットで調べてみると、すでにNAVERでまとめられていた。早っ!。渋滞の車の中でまとめたんだろうか。

関越道 所沢IC~川越ICでBMWが大破する事故で車両火災「エンジンから火」

BMWがものすごい燃えているようだ。部品バラまきって、いったいどんな状況で燃えたんだろう・・。
でも火災も目撃ツイートは出てきても、事故原因に関してはいくらネットを調べてもいまだに出てこない。謎だけど気になるなあ。そして運転手の人はこんなに燃えてて大丈夫だったのだろうか。

せっかく早く出てきたのに、とんだ足止めをくらってしまった。エンジンを止めておしっこしに行くおじさんとかもいるほどに完全停止。斜め前の車は「わ」ナンバーだ。「せっかくレンタカー借りて出かけてこんな足止めくらうのもかわいそうだねー」なんて言っていた。

1時間ほど経ったところで、ようやく車が動き出した。ところが、車が動かない!
エンジンをかけてもバッテリーとオイルランプが点灯して、車が止まってしまうのだ。やばい。
とりあえず側道に車を停めた。

SちんはJAFに入っていないとのことで保険会社に電話してロードサービスを依頼していた。今日は他にも事故が多いらしく、時間がかかるとのこと。

しばらく車を停めていたら、NEXCOの車がやってきて横に止まって「どうしましたかー?」と言われたので状況を伝えると、「これから通行止めが解除されて車が走ってくると、追突される危険があるから、車から出てガードレールの外にいてくださいね。たとえ雨が降ってても・・。追突されることが何度もあったから。」と言われたので、車を降りて、ガードレールの外に出た。
小雨が降っているし寒いけど、、仕方がない。それにガードレールの外は崖になっていて立っていられるスペースが少ししかない。ああ、どうせ止まってしまうならパーキングとかだったらよかったのになー。
とりあえずわずかなスペースに立って待つ。

しばらく通行止めが続いているようで、車が走ってこない。ということはロードサービスも来れないということか・・。

NEXCOの車や警察が何台も来ては状況を聞いてくる。でもまたこの先で横転事故が発生したとかで、そっち優先のようで「そのままガードレールの外にいてくださいねー」と言って、助けてくれるわけでもなく、行ってしまった。

1時間くらい待っていたら通行止めが解除されてレッカー車がやってきたけど「〇〇さんですか?」と他の名前を言っていたので、別の故障車がこの先にあるようだ。他にJAFのレッカー車も走っていったので、ホントに今日は事故も故障も多いらしい。
りつりんは、別にこの待ちの状況をストレスには感じていないようだ。むしろ車の中にいるより楽しいのかも。葉っぱを食べたり、土を掘って土を食べちゃったり、崖を降りていったりと、泥だらけになりながら堪能していた。

降っていた小雨もやんで晴れてきたのも幸いだ。これで雨だったら完全にへこんでたな・・。

2時間ほどこの状況で待ち続けて、10時頃、ようやくレッカー車がやってきた。さっきのBMW炎上の通行止めでなかなか来ることができなかったと言っていた。

車はやはり修理に出さないといけないようなのでSちんの自宅時近くの横浜のディーラーまで持って行ってもらうことにした。
我らはレンタカーを借りれたら借りてみようということで、りつりんと共にレッカー車の助手席に乗せてもらって、川越駅前まで送ってもらった。

Sちんの入っていた保険はグレードが高いようで、代車的にレンタカー代も出してもらえるようなのだ。

とりあえず川越駅前で降ろしてもらって、大量の荷物をかついで、犬を連れたまま、川越の街を歩く。なんだか家なき子みたい・・と思いながら。
休日なのでレンタカーも意外と空きが無い様子で、なかなか借りられない。
やっと空いているというところでは、犬がいるとダメだと言われてしまった。残念。
私とりつりんは駅前のベンチに座って待って、Sちんがレンタカー屋さんを探しに行ってくれた。幸い川越は大きい街なのでレンタカー屋さんはたくさんある。

そして最終的には保険屋さんが手配してくれたレンタカーを借りることができた。交渉してくれたようでペットもOK。しかも長期間借りられるし返しに来ないで自宅に置いておけばOKとう好条件。

というわけで、12時半くらいにようやくレンタカーに乗って再出発することができた。長かったー。

借りた車は日産NOTEでまだ新しい!。新しすぎていろいろよくわからないと言っていた。ルームミラーが鏡ではなくてモニターなのだが、なぜか解像度が低くて見ずらい。最後までこれは解消しなかったのだけど一体何だったんだろうか??

しっかし、故障車とか、レンタカーとか、他人事だと思って見ていたことが全て自分の身に降りかかってしまったなあ。

最初の頃は少しでも車に乗ると吐いていたりつりんだが、慣れてきたのか、吐かなかった。でもヒュッテに登るぐねぐね山道ではさすがに気持ち悪くなったようで、3つの峠を越える下り道で3回とも吐いていた。吐いた物がなぜか真っ黒で不思議だったのだけど、手に触れたらジャリっとしたので、おそらく高速道路の外にいた時に食べていた土と思われる。けっこう食べたんだな、、これはかえって吐いて良かったかも。
そんなわけで来るまでの珍道中が長くなってしまったけど、4時半頃、ようやく小白沢ヒュッテに到着!。
やったー。

お手伝いどころか、飲み会の準備が整ったところからの参加になってしまった。

まあとりあえず飲むかー!。
小屋閉めでの食事は、小屋の食料を消費するという目的もあるので、いろんなものをとりとめもなく食べる。

まずビーニョベルデで乾杯。
ビールはメキシコの「テカテ」。メキシコっぽい味だ!。
後ろのフライパンの中の料理はヒュッテオリジナルの「ジャマイカ」。
マスターが作ってくれたパスタ。

りつりんは床で自分のごはんを食べてしまった後は、膝の上に乗っかってくる甘えんぼ。

先日泊まりにきていたという犬連れのお客さんS木さんが持ってきたハモンセラーノとチーズ。うまい!!。

赤ワインに移行。

Sちんは早起きと気苦労で(?)、早々に20時頃に眠いと部屋に眠りに行っていた。家出てからヒュッテに到着するまで12時間くらいだもんなあ。。
日本酒「鮎政宗」も飲んだ。美味しい。大吟醸は更にスッキリして美味しい。それにしても高い酒ほど「水に近い味になる」というのも事実だと思う。良い意味なのだけど。
赤いソファーは座り心地が良いらしく自分で飛び乗っていた。
しかし生後4か月にして、秘境のヒュッテにも来たし、レッカー車にも載ったし、赤ちゃんながらも経験豊富な犬である。

私も疲れていたのか早めに記憶が無いので、いまいちどのくらい飲んだのか飲んでないのかわからないが、気が付くと部屋のベッドでりつりんと一緒に寝ていた。

過去含む全ブログ検索


URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
*
* (公開されません)

Return Top