へんてこえ日記〜酒と旅と自然とその他もろもろ ブログ

佐渡島2024GW_4日目_4_佐渡サーモンと寿司

シャワーを浴びて、ゴルフ場を出たら、
街の中心街へ向かい、まずコインランドリーに行って洗濯物を入れる。
運よく「高速乾燥機」という機械が開いていて、
洗濯・乾燥まで35分で済むらしい。

その間、スーパーに行ってビールと、佐渡産の物を買い物する。
ビールを冷やす保冷剤代わりに、冷凍の「ながも」や「トビウオすり身」などを買う魂胆。
お店を見ていたら「佐渡サーモン」が有名らしいということに気が付き、
刺身を1パック購入してみた。

35分経ったらコインランドリーに戻って洗濯物を取り込んで、
りつりんを迎えに行ったところ、予告していた5時ぴったりに到着してしまった。

りつりんはお昼くらいに遠吠えをしていたそうなので
やっぱり寂しかったのでしょう。

そういえば金額も聞かずに預けていたけど、
3300円という妥当な金額だった。
しかも小銭を200円しか持っていないと言ったら100円オマケしてくれた。

キャンプ場に戻ると夕陽がものすごく綺麗だった。

幻想的な色だー。

じつは今夜はお寿司を予約していたのだけど
出来上がりが6時半になるという中途半端な感じなので
一旦キャンプ場に戻ってきたけど、再び買いに出かけた。

回転寿司「弁慶」は、有名店らしくて
お客さんがひっきりなしにガンガン入ってきていて
持ち帰り注文もガンガン受け取りに来ていた。
予約の6時半より少し前に着いたけど、まだできていなくて、
6時半きっかりくらいまで待ってようやく受け取ることができた。

お寿司を持ってキャンプ場に戻ると、
火が焚かれていて、先日買ったカレイの干物が焼かれていた。
小さいけど味付けが良くて美味しかった。
つまみにいい感じ。

日が暮れてくると更に寒くなってきた。
風もあるのでより寒いのかも。
なので、焚火と共にテントの中に引っ込んだ。

これが噂の「佐渡サーモン」。

食べてみると、マグロの大トロのようなとろけるような感触で、
脂が乗ってるというのか、めちゃめちゃ美味しい。
トロよりも美味しいかもしれない。
これは買ってみて良かった。

こちらが弁慶で買ってきた持ち帰り寿司3人前。

全てではないと思うけど佐渡産の魚も取り入れていて満足。
推しの「のどぐろ」は、うわあ!美味しい!というほどでもなく普通だったけど。

というか佐渡サーモンの美味しさが衝撃的だったし
佐渡サーモンのお寿司も食べたいなと思った。

寒いので味噌汁を作った。
余っていた大根や舞茸を入れて食材使い切りの具沢山味噌汁。

りつりんは、寂しさを思い返しては、しばらく私に当たっていたが、
気が治まったらさっさと一人でテントに入って寝てしまった。

最後にサラダホープをつまみにしつつ、飲んだら就寝。

寝る前に火を焚いて室内を温める。
喚起は口は存分に開けて注意しつつ。

ホントに冷えて冬の様に寒いのだけど、
寝て見ると、それほど寒くなくなってきて、むしろちょっと暑いなと思って
シュラフもかけなかったりして寝ていたのだけど。

一方、相方はずっと寒かったようで、夜中に起きだして焚火に炭を追加していた。

この違いは何なのだ?と不思議だったけけど、
相方は買ったばかりのコットの上に寝ていて、私は地べたに寝ていたのが要因だったようだ。

このコットが高さ50センチととても高くて邪魔になりそうなほどだけど
下に荷物が存分に入れられるのでそれはそれで良かったのだが。
下に空間がいていて風遠しが良いせいで地面が保温されないようで、
寝ていてもずーっと寒いままだったらしい。
朝になって試しにそこで寝てみたら、確かに寒かった。
夏は良いのかもしれないけど、冬はこれでは寒すぎるかも。


URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
*
* (公開されません)

Return Top