へんてこえ日記〜酒と旅と自然とその他もろもろ ブログ

佐渡島2024GW_5日目_アジを貰い、渋滞知らずの帰路


今朝もとっても寒い朝。

天気はとても良い。
陽射しがだんだん出てくると暖かくなってきた。
今日は佐渡を去る日だ。長いようで短かったな。

最終日に天気が良いと撤収が楽で帰ってからの乾かし等の手入れも不要なので楽だ。
この日に晴れてくれるのは有難い。

りつりんを散歩に連れていくと、
グイグイと引っ張って先導していくので、何のヤル気かと思ったら、
昨日、ボール投げをした場所に連れてこられた。
「ここだよね!」とわかっているような顔でこっちを見て要求するのだ。
意外にちゃんと場所を覚えているもんだな、と思う。

そこまで言われたら遊んであげるしかなかろう。
楽しそうだ。

残りの鶏肉を全部ぶちこんで、りつりん用の最後のご飯。


多いかな、、と思ったけど、お腹が空いていたようで、
ペロリと完食でした。

人間の朝ご飯も、余ったものの食べ尽くし。

フランスパンを鉄板で焼く時は
焼きすぎて焦げるのに注意が必要だな。

3つあった目玉焼きの一つは、卵好きのりつりんにあげたけど、
なぜか全く食べなかった!

食べ終わったら、ゆるゆると撤収をしていく。
時間はけっこうあるので、太陽の光で乾かしつつ片付けていく。

相方が釣り竿を洗っていたら
君津の方から一人で来ているおじさんに連れましたか?などと話しかけられたようで、
おじさんが釣ったアジとワカシを分けてもらった。
なんとアジが入れ食いだったらしい。
「場所教えてあげるから一緒に行こう」を誘ってもらったらしいが
奇しくも撤収時だったので、もう少し早めに話していれば良かった。
おじさんは冷凍庫を持ってきているらしく、
もらったアジはカチコチに凍っていた。

撤収が終わったら、まず「クリーンセンター」に寄って行く。
このキャンプ場ではゴミを捨てることはできないのだが、
情報によるとクリーンセンターに持っていけば60円で処理してもらえるらしいのだ。

街から比較的近い小高い山の上にある佐渡クリーンセンターに行ってみると、
受け付けに車が並んでいたので、よくわからないけど、列に並んでみた。
受け付けに行くと、そこが重量計になっているらしく、
ゴミを積んだ状態の車の重さを計っているようだった。
そこで受付、といっても、キャンプ場の場所を言っただけなんだけど、
受け付け後に目の前の収拾場所の建物の中に入っていき、
係の人にゴミを渡した。
ゴミ袋2袋分くらいだけど。

そしてもう一度、列に並んで受付まで行って再度重量測定をされる。
少量なのでおそらくほとんど重量は変わっていないと思うが。
「はい、いいですよ」と言われる。
10キロまで60円と聞いていたので
「お金はどこで払うんですか?」と聞くと、
「捨て袋に入れて出してもらってるので、無料です」と言われた。
指定袋でもないのに、それで良いのか!

2回も計量で並んだりするのは面倒ではあるけど、
こんな風にゴミを捨てていけるのは、良いな。
この調子なら、キャンプ中に壊れてしまった少し大きな物があったとしても
捨てていけるということか。

クリーンセンターなかなか良いね!
という感じで港へ向かう。

おじさんにアジをもらったので、
船に乗る前にクーラーボックスに入れる氷を買っていきたい。
でもなかなか左車線側にコンビニが無いまま港付近まで来てしまったけど
この辺りにはコンビニは無いようだ。
地図を見ていると、スーパー「キング」が近くにあるようなので、
キングで買っていくことにした。

「キング両津店」はこの普通の家のような建物だけど
魚から何から安くて楽しいのだった。
今回は買い物しなかったけど。

フェリー乗り場に到着。
予約は16:05にしていたのだけど、
まだ道路も混んでいないかもしれないということで、
12:45に早めてもらうつもりで11:45頃に行って券を見せたところ、
変更手続きとかも特に無く、そのまま乗ってくださいと言われた。
早める分には空いていればスムーズにそうして良いらしい。

そういえばお昼用に弁慶でお寿司を買っていこうとか昨日は言っていたけど
すっかり忘れてしたな、、。
ということで腹ペコのまま船に乗り込む。

今回は最初から室内の席へ。
室内の椅子の方が角度がついていて寝るには良かった。


さようなら、佐渡。

お腹空いたけど、売店には人が多いし、
あまりよさげな食べ物も売っていなかったので、
我慢して眠ってやり過ごす。

ひと眠りして起きたら暇なので、
甲板に出てくつろいでみる。

天気が良くて気持ちが良い。

15:15に新潟港に到着。
ガソリンスタンドで満タンに給油してから、帰路に着く。

暑すぎて泳ぎ過ぎた前回の夏の佐渡に比べたら楽だったのか、
りつりんも吐いたり下痢ウンチしたりすることもなく、
大人しく車に乗っていてれたのは良かった。

越後川口SAで一旦休憩。

お腹空いていいるのでここで食事とっても良いのだけど、
赤城PAのへぎ蕎麦が魅力的なので、そこまでもう少し我慢することにする。

18時頃、ようやく赤城PAに到着!
ワンコも一緒に食べられるテラス席があるのは良いのだけど、
ものすごく寒い!!

寒いので、暖かいものが食べたくなるけど、
ここまで来たので初志貫徹で、
へぎ蕎麦を注文する!

へぎ蕎麦と天丼セット。

相方は天丼があるのに気が付かず、天ぷらのセットにしてしまったが、
丼とは30円しか差が無くてこちらが断然良いので悔しがっていた。

寒い中で食べたけど、美味しかった!
美味しくなかったら寒くて耐えられなかったかもしれないが、美味しかった。

りつりんもよく付き合ってくれました。

この後も引き続き相方が運転してくれたけど、
高坂あたりで渋滞情報が出ているので、その前で運転を変わったところ、
ちょうどそのあたりに差し掛かる頃に渋滞が解消されて、
ずっとスムーズなまま、家まで到着してしまった。

今回の旅は終始渋滞知らずだったし、何より自動運転もあったので
帰ってきてからも体の疲れがあまり無くて楽だ。

20時頃には家に帰ってこれたので、
やっぱり船の時間を早めて正解だったな。


URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
*
* (公開されません)

Return Top