へんてこえ日記〜酒と旅と自然とその他もろもろ ブログ

秋の感受性

20150825
「暑中お見舞い」という言葉が使えるのは
立秋の8月7日頃までで、
それ以降は「残暑お見舞い」になるのだ。
立秋というところからしてもこれ以降はもう「秋」らしいのだ。

と言われても感覚的に8月いっぱいくらいは
普通に「夏」で「暑中」じゃないかなあ!
と思っていたのだけれども。

しょっちゅう野外で遊んでいると
気候の移り変わりを肌で感じることができるのだが

今年はなんだかその立秋とか言われる後(直後ではないけど)
くらいから
「あれ?秋っぽくなった?」
という空気感を感じたのでした。

今年が暦通りに気候が進んでいるのか、
それとも私の感覚が敏感になったのか?

どちらかわからないけど、
なんとなくもう今の暑さは「残暑」なのである。
と感じたのである。

暑さの他にも虫が鳴き始めたとか
そんなこともあり。

うーん、やっぱり私が敏感になったのかなあ?

というか今までは
「まだ夏は続いてるはずだ!だって暑いもん!」
という往生際の無さがあったような気がするけど
そのせいで秋の訪れを感じないようにしていたのかも。

ということは、
少し大人になって諦めを覚えたということなのかもしれない。

過去含む全ブログ検索


URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
*
* (公開されません)

Return Top