へんてこえ日記〜酒と旅と自然とその他もろもろ ブログ

1年に1枚の成長

数年前にダイソーで100円で買ったストレチアをベランダで育てているのだが、この葉っぱの成長がめちゃくちゃ遅くて、新しい葉っぱが出てくるのが、なぜか1年に1枚だけなのだ。

夏まっさかりの頃に、一枚だけ新しい葉っぱが出てくる。その時だけは成長を感じるのだけれども、その1枚が出た以降は、生きているのか死んでるのかわからないほどに、じっと成長が止まってしまう。もう死んじゃったのかな?と思っていると翌夏になるとまた一枚だけ葉っぱが出てくる・・ということの繰り返し。

葉っぱの出方とか産地とか成長の形態からすると、ストレチアはバナナと同じような気がするのだけど。バナナの方は夏場は数週間に1枚くらいのペースでばんばん新しい葉っぱが出てくるんだけどな。

ストレチアってものすごく大きくなるはずなので、本来はこんな成長ペースではないはずだと思うのだけど、この子はスローペースな性格の個体なのかしら。夏だけ必要最小限だけ働いて、後の1年は寝て過ごすという。超省エネスタイル。

暑くて夏本番感が増してきたこの頃、今年の1枚がやっと出てきたところです。
またこれが出たら冬眠しちゃうのかな・・。

過去含む全ブログ検索


URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
*
* (公開されません)

Return Top