へんてこえ日記〜酒と旅と自然とその他もろもろ ブログ

式根島2018年7月_2日目_昼、魚をすくい、夜、イサキを釣る


明るくなると目が覚めてしまう。起きたらまず水シャワーを浴びて寝汗を流してさっぱりした。

トイレには個室のシャワーがあるので裸になって汗が流せて良い。水だけど暑いので水でも全然問題ない。

昨日の夜、トイレの個室にカマキリとクワガタがいた。子供が来るのでつかまえて見せてあげようかなと思って、カマキリを捕まえようとしたけど、薄くて暴れてなかなか捕まえることができなかったのでそのままにしていたのだけど。今日はそのクワガタがシャワールームにいた。
後発隊は朝8時の船でやってくるので、その前に軽く卵とシャウエッセンを焼いて朝食を。
卵はたくさんあるし島でも安く買えるので残りの卵を全て使ってS尾さんが厚焼き卵を作る。
超でっかい厚焼き卵。卵を焼いたらS尾さんが車で港に迎えに行った。

今日も少し船が遅れていたのか?8時過ぎに「ボー」という汽笛が聞こえて8時15分頃に船が到着したらしい。
後発隊の相方、N雲さん、Kホリさん、小学生のK君が到着。テントを設営している間に、30円のカレー焼きそばを作った。これがみんなの朝ごはん。
暑いので早速、昨日も泳いだ中ノ浦へ。今日は魚を網ですくうことを主目的とする!
今日はさすがに人が多かった。
地元のおじさんたち?または釣り人の旅行者連合か?。慣れたかんじでブルーシートで上手いこと作ったターフの下で、バーベキュー宴会していた。

海に潜ってみると、今日はタカベの群れには会えなかったけど、浅瀬に魚がたくさんいて、魚肉ソーセージやフランスパンをあげると寄ってきたので、魚がそれを食べているところを網でさっとすくってみると、何匹かすくうことができた!小さいけど。でも上手くすくうことができると楽しい。

網ですくうのが疲れたら、ぱしゃぱしゃと沖の方に泳いでみる。そして魚肉ソーセージを細かくして海に漂わせる。
魚を「獲ろう」として餌をやっている時は、魚も若干警戒している様子で間合いをとってくるのだが、獲る気持ちが無くて純粋に餌をやっていると、魚もかなり近くまで寄ってくる。手から直接食べてくれそうなほどに近くまで寄ってきていた。
魚はこちらの気持ちを察知するのだろうか。

確かに釣りの時も釣る気満々の時よりも、無心になった時になぜか釣れるということがよくあるし。
休憩は海岸の上のテーブルスペースで。氷チューハイが美味い。
屋台で買ったおでんが今日の昼食?!。
今日はもう一つ、秘密のスポットにも行ってみた。
一つのパンフレットにしか載っていなくて、入口の場所もわかりずらく、森の中を進んでいった先にある秘密の入り江「おおぎ」。タイドプールになっているので波もなくて子供も安心だ。
明日葉味の「たたき丸」を食べてから、海へ!。
手前の岩場で銛突きをしていた人たちは、黒ソイなどをたくさん獲ったそうだ。

ここは水が物凄く綺麗で透明度が高い。浅瀬なら潜らなくても水の上から魚が見える。そして不思議な青い色。

貝とかカニを捕ったけど、全部リリースしてきた。
海の後は温泉へ。
昨日は透明だった松ケ下温泉だけど、今日は成分が沈殿してきたのか、少し茶色になってきていた。やはり茶色い沈殿物はだんだんたまっていくもののようだ。
一旦キャンプ場に戻って、私と相方とN雲さんとK君は野伏港に釣りに出かけた。他の人たちは残って晩御飯。

普通、風のある堤防には蚊はいないのだけど、式根島の野伏港はなぜか蚊がものすごくたくさんいてものすごく刺される不思議な場所。なので警戒して、蚊に刺されないTシャツにスパッツを履いて、スプレーでも防御と完璧な体制で臨んだのだが。。それでも蚊は隙間を狙ってブンブンと寄ってくるのだった。
けっこうたくさん釣り人も来ていて、びっしり埋まっているけど、あまり釣れている雰囲気でもない。

ちょうど釣れない時間でもあるのだけど、ほとんどアタリが無い。
K君もいるのでハタンポなどの雑魚でもいいから釣れたらよいのにと思ったけど、雑魚もあまりかからない。一応、ネンブツダイ程度は少し釣れたけど。

それよりも蚊の攻勢がものすごい。顔の周りを音をたててぷわ~ん、と飛び回るので気になって仕方が無くて釣りどころではなくなってしまう。K君も蚊が嫌だーと車に避難したけど、我らも耐えきれなくなったので、ここは撤収することにした。
K君とN雲さんはキャンプ場へ戻り、私と相方は式根島港に行ってみて再チャレンジを試みる。

20時くらいから釣り始めたけど、しばらくアタリがあまりないかんじ。大き目のハタンポとか赤い魚とか、雑魚系だけは釣れた。
今回のハタンポはけっこう大きくて、ハタンポは美味しいのでもうこれでもいいかなーと思ってきた。

22時近くなったころ、底の仕掛けに少し大き目の魚がかかった。雑魚ではない大きさだな。何だろ?と思ったら、なんとイサキだった!
やったー。イサキは嬉しい。そしてけっこう大きめサイズだ。
しかしかなり底だったんだけどな。

そしてその後、深めのタナにしていたウキの仕掛けにもイサキがかかったのでした。
相方がオジサンを釣った。相変わらずオジサン釣りが得意なおじさんだ。
そして相方もイサキを一匹釣っていた。

11時くらいになるとアタリがやんできたので、片付け初めた。エサが残っていたので、最後に一投だけ投げておこうと、仕掛けを投げておいて片付けをしていたところ、最後の最後に何かかかった様子。
釣り上げてみると、またもやイサキ!。これは期待していなかったのでうれしい。
キャンプの食料としては十分に調達できたのではないでしょうか。

11時半頃、テン場に戻ったら、相方は蚊が嫌だと言ってチューハイを1缶持ってすぐにテントに入って寝てしまった。
私はちょっとお腹が空いていたし(そういえば今日の昼間はロクに食べていない)、少し飲まないとぐっすり眠れなそうなので、つまみになりそうで料理しなくて良い食べ物を探してみる。すると、池村商店で買って、魚の餌にしてからはほとんど食べていないフランスパンを発見。
ファミマのハムとマヨネーズをはさんで食べたら、これがとっても美味しかった。お腹が空いてるせいもあるけど、とっても美味しい。そしてワインにも合う。
他にすぐに食べられるものもなかったしお腹も空いていたので、このハムサンドを何度も作ってはつまみにしてむしゃむしゃ食べているうちに、残っていたフランスパンを全て食べてしまった。

テントに入ったのは0時半くらい。
昨日に比べると少し暑さが和らいでいるかも。とはいえ暑いけど。

式根島2018年7月_3日目_美しい秘境の海と肉づくしの夕食
—————————————————
式根島2018年7月_先発隊出発
式根島2018年7月_1日目_魚の群れと泳ぐ
式根島2018年7月_2日目_昼、魚をすくい、夜、イサキを釣る
式根島2018年7月_3日目_美しい秘境の海と肉づくしの夕食
式根島2018年7月_4日目_帰る日の食材消費

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
*
* (公開されません)

Return Top