へんてこえ日記〜酒と旅と自然とその他もろもろ ブログ

子供自転車をひきそうなヒヤリハット

もう少しで子供をひいてしまう事故になりかねない事態に遭遇しました。
思い出してもヒヤっとするので、注意喚起も兼ねて詳細を書いておこうと思います。

この日私は、相方が運転する車の助手席に乗っていた。

車は交差点を左折しようとしていて、
青信号の横断歩道を渡ろうとしている人が渡り終えるのを待っている状態。

で、目の前の横断歩道にほぼ人がいなくなった頃、
助手席に乗っている私に見えていたのは、
車の左前横すぐのところにいる、ヘルメットをかぶった子供の頭だった。

自転車に乗っている小学校低学年くらいの小さい子どもの様子。
なかなかペダルが踏み出せないのか何なのか、モタモタとその場にとどまって動かない。

助手席の私からはすぐそこに見えるのだけど、
うちの車は車高が高いため、運転席の相方からは子どもの頭が死角になっていて見えないようで、明らかにもう少しでアクセルを踏んで車を前に出そうとしている雰囲気。
やばい!

「子供いるよ」と言って注意を促すも、
本当に死角のようで、まさか左前横にいるとは気が付かない様子で、
にわかには信じられないというかんじで車を出してしまいそうなので、

「子供いるよ!」と、ハンドルを制して止めた。

「ああっ!どうして警告音が鳴らないの?!」と焦った。
車には、物が接近するとピーピーと警告音が鳴るセーフティー機能がついていて
普段は少し遠いくらいでもうるさいくらいによく鳴るのだけど、
この時はなぜか鳴らなかった。
セーフティー機能にとってもさえ、死角なのか?!

そしてもうひとつ焦ったのが、
横断歩道を先に自転車で渡っていった母親が連れ戻しにこないこと。
私は子どもに釘付けで母親がどうしていたのかはっきり見ていなかったのだけど
確か横断歩道をけっこう渡った先で自転車を止めて子どもを待っていたのだと思う。

この母親が車を運転しない人なのかどうかわからないけど、
「早く来なさい!」とかいうことだけに神経がいたのではなかろうか。
そしてまさか子どもの目の前の車が、子供の存在に気が付いていない可能性があって、
車を前に進めようとしているとは想像が及んでいなかったと思われる。

「ああーっ!戻って子供を連れていってくれー」祈るような気持ち。
しばらく長くモタモタした挙句、ようやく子供は自転車をこいで横断歩道を渡っていった。

この時間、ものすごく長く感じた。

「もし、私が助手席に乗ってなかったら、車進めてたよね・・?」
「絶対ひいてたな。完全に死角だった」

ああもう、思い出してもドキドキする。
もう車に乗って左折するのが恐怖になるほど。

小さい子供ってホントに車からは見えずらいということを認識して
親御さんは横断歩道は近くで一緒に渡るようにするとかしてほしい。

車の方が気を付けるとしたら、
横断歩道を左折する時には、目の前とかこれから渡ってくる可能がある人だけでなく、
渡り切った人の様子にも注意を払うべきなのでしょうか。
しかしこれも、後ろを振り返って待っていてくれていればまだ気づけるけど、
どんどん一人で先に渡られてしまったらわからないしなあ。

ネットで、完全にこれと同じような状況についての漫画つき記事が載っていて
分かりやすかったのでシェアします。

これ、状況がすごく似ている。
この状況で更に、子供がその場にとどまり続けている状態だったので、
更に気が付かない可能性が高かったのです。
ああこわい。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
*
* (公開されません)

Return Top