へんてこえ日記〜酒と旅と自然とその他もろもろ ブログ

八丈島2019年8月_4日目_1_八丈富士登山。牛と対決。


朝4時半頃に起きて、富士登山へ。

昨日の夜、素足で何か細かい物を踏んずけたようで
足の裏に小さな刺のようなものが刺さっていて、歩くと痛い。
よりによって登山する日にこんなことにならなくてもいいのに。。

せっかく早起きして登る気満々になっているので、
毛抜きでなんとなくほじくってみて、
その部分があまり当たらないようにティッシュで靴の中を調整したら
なんとか歩けそうなので、登ることにした。
駄目そうなら降りて牧場で待ってればいいや。

SカさんとKくんは寝たままお留守番ということになったので
八丈富士登山はその他の人間5名+犬1匹で向かうこととなった。
登山口まで車で登って、歩きはじめる。
こんなに開けた道だったっけ?と思いつつ、歩く。

眺めがよい。八丈小島が見える。
そして、牛もいる。

牛さんががたくさんいた。

りつりんは「ワンワンワンワン!!!」
と吠えまくって、柵の外から勝負を挑む。

牛さん達はわらわらと集まってくる。
一生懸命吠えるりつりんだけど、
牛としては「何だこの小さくてうるさい生き物は」
てかんじなんでしょうね。

山の上の方にいる牛さんたちも見ていました。

「逃げろー」。
吠えるだけ吠えて、逃げるりつりん。

道をどんどん進んでいったのだが、
山を登らず、下っていく様子。
そういえば前に登った登山道入り口は、もっとうっそうとしていた記憶が。
もしかしたらこの道は単なる遊歩道なのかもしれない。

もう一度車の方に戻って、登山道を探したら、
思ったよりもだいぶ手前の方にあった。

ここが本当の登山口。

内心、あの遊歩道歩くので、もういいかな。。
と思っていたところに、見つかってしまったので
一同、残念半分な気持ちながら、腹を決めて昇り始める。

しかし、登ると言い出しっぺのS尾さんは、
「トイレ」と言って、早々に登るのをやめて下っていってしまった。

長く急な階段が続く道のりで人間たちはヘトヘトになりながら登る中、
りつりんが一番元気!
どんどん山を駆け上がっていく。

「まだー?遅いよー。」
と、振り返って待っているほどの余裕っぷり。

やっと半分まで来たけど、あと640段だって。。
もう疲れたよー。という人間に対して余裕の表情を見せるりつりん。

やっと山頂に到着ー。
本当の山頂までは、ここからもう少し歩かないといけないんだけど、
霧がかかってるし、疲れたし、今日はもうここでいいや。
お鉢巡りも、りつりんが落ちそうでコワイので、しない!

ちょっと疲れたけど、よゆー。

下り道がこれまた急で太ももに効いて辛かったけど、
りつりんは転がり落ちそうなほどの速度で駆け下りていった。

山を下りてみたら、車を停めていた駐車場付近にS尾さんがいなかった。
歩いて山を下りたのかもしれない。

「トイレ」と言って降りていったので
普通だったら少し行った先の牧場のトイレに行きそうなものだけど、
S尾さんのことだからきっとその辺の草むらでしたに違いない。

と思いつつ、一応見学も兼ねて牧場の方に行ってみたら、
S尾さんが歩いてきた。
なんとちゃんと牧場のトイレに行ったそうだ。
せっかくなので牧場を少し見学。

少しの傾斜でも足にくるほどに疲れてるけど、
展望台まで歩いてみた。
展望台からの眺め。
飛行機はまだ来てない時間。

山から戻る時に、キャンプ場に残っているSカさんに
「フレンチトーストの用意をお願い」
と連絡しておいたので、到着すると準備が整っていた。

フレンチトーストが朝ごはん。
疲れた体に甘くておいしい!

相方はなんとフレンチトーストを初めて食べたそうで
美味い!と感激していた。
りつりんには雑炊をあげたのだけど、
お気に召さなかったようで、食べなかった。
普段、お米はあげてないしな。
というか、食べ物を選ぶ贅沢な犬に育ってしまったな。。

そろそろ持ってきた肉もやっつけないといけないので、
炭をおこして肉を焼いて食べる。

八丈ストアで買った大量のニンニクもまるごとやいてスタミナ補給。

八丈島2019年8月_4日目_2_キャンプ場から見る花火大会と、船欠航の知らせ
———————————–
八丈島2019年8月
出航_ペットルームで同行
1日目_八丈到着!まずは海!
2日目_1_嵐のゲロゲロ船釣り
2日目_2_マンガでみる嵐のゲロゲロ船釣り
2日目_3_釣果を捌いて食べる
3日目_海とウミガメと前夜祭の懐メロ
4日目_1_八丈富士登山。牛と対決。
4日目_2_キャンプ場から見る花火大会と、船欠航の知らせ
5日目_急遽、飛行機で帰る

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
*
* (公開されません)

Return Top